シェアリングエコノミー 市場規模拡大

モノ・サービス・スペースなどをインターネットを介して個人間で貸し借りする共有型経済「シェアリングエコノミー」の市場の拡大が続きそうだ。調査会社の矢野経済研究所(東京・中野)は、2018年度に事業者売上高ベースで前年度比15%増の824億7千万円になると見込む。市場は20年度には1129億円に拡大すると予測される。
もっとも市場規模の大きいのが乗り物のシェアサービス。自転車を共有するシェアサイクルが急速に伸びているという。NTTドコモやソフトバンク、メルカリなどが展開し起用の参入意欲は高い。
民泊サービスは6月施行の住宅宿泊事業法(民泊新法)の影響で一時的に縮小を見込むが、インバウンド(訪日外国人)増加に伴い大手企業の参入が増えると予測する。

(2018/9/12 日本経済新聞)

F8D0E9F3-1CF3-4A6A-83CE-2118EE85EEC4

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

『卒論』 亀井

卒論 ゲノム

カテゴリー: 新聞要約 | 2件のコメント

ローソン省力化推進へ、ICタグ、ワンオペを導入する予定

日本経済新聞  2018/10/12

ローソンはデジタル技術によって店舗の作業を減らし、2025年をめどに店員1人でも店舗を終日運営できる仕組みを整える。ICタグが全商品に取り付けられていることが条件で、レジを無人にしたり商品陳列を自動化したりする。人手不足が続くなかで、店舗の省力化を進める。小売業でパート・アルバイトの人手不足が深刻化するなか、竹増社長は「24時間店員1人でも運営できるレベルまで省力化を進める」と話した。ICタグについては経済産業省と提携していく方針だ。完全無人店舗の計画は現時点でない。

AA1D377E-713A-4E04-AA23-52ABDF8FE67B8ECF947B-1824-4F10-9C8D-C659214AC9D1

 

 

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

ヤマト運輸、タクシーで荷物も輸送 人手不足の解決策となれるか

日本経済新聞 2018/11/13   朝刊

ヤマト運輸は12日、岐阜県山県市などと組み、タクシーで荷物を運ぶ実証実験を始めた。ヤマト運輸がタクシーを使って荷物を届けるのは全国初という。貨客混載事業の実証実験は30日まで平日に続ける。山県市が市内の乾地区でバス代わりに運行している高富タクシーの車両にヤマトが書類などを載せる。運転手にはヤマトが配達に使う端末を渡し、家庭まで配達する。人手不足感が進む中で、効率化を狙って実証実験に乗り出す。3者で協議し、問題がなければ早期に実際の運用を始める。日本全体で人手不足が進む中、解決策となってほしい。

A51B6071-A7FE-40BF-ACD2-802EC5A48F8B

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

卒論

はじめに

リストラの有無考察

参考

http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/keizai_prism/backnumber/h22pdf/20107602.pdf

我が国M&Aの現状と課題
参議院第二特別調査室 小野伸一

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

【卒論】1114 宮嶋

 

第3章1114

第1章第2章修正1114

第4章において、「日系金融機関の目指すべき姿」について述べ、結論に至る

キーワード:バーゼル委員会「Better Bank」、支店減少の行く末、若者の取込、資産運用部門への特化、FinTechAIの実務的側面

今後の予定

11/21…第3章修正・第4章指導

11/28…第4章修正・はじめに・おわりに

12/5…最終調整等指導

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

卒論

環境庁

近年、ゲノム上の狙った部位に変異を誘導することが可能なゲノム編集技術の様々な生物種における利用が進展している。これらの新しい技術の利用により、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(以下「カルタヘナ法」という。)」に規定される「遺伝子組換え生物等」に該当しない生物も作出される可能性がある。これを受け、平成30年7月11日に「中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等 専門委員会」が開催された。そして、平成8月30日の「カルタヘナ法におけるゲノム編集技術 等検討会」でゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理及び取扱方針について取りまとめられた。

ゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理及び

             取扱方針について(案)

平成 30 年7月11日に開催された「中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等 専門委員会」における議論を受け、8月30日に「カルタヘナ法におけるゲノム編集技術 等検討会」において、ゲノム編集技術の利用により得ら れた生物について「カルタヘナ法」に照らし た整理を行った。これにより、カルタヘナ法で規定された「遺伝子組換え生物等」 に該当しない生物が作出され得るとした。また、カルタヘナ法の対象外となった生 物の取扱いについても検討を行った。

対象外となった生物の取り扱いについて

拡散防止措置を施した施設

主務大臣の属する官庁(以下、主務官庁)に情報提供しなくても良い。

拡散防止措置を施した施設以外

 て使用する。

当該生物の使用前に、生物多様性影響に係る 考察等について、主務官庁に情報提供を行う。

取りまとめられた結果については、今後パブリックコメントを経て、本年度中を目途に中央環境審議会自然環境部会に報告されるとともに、環境省から関係省庁等へ、関係省庁から関係団体等へ情報提供の具体的な手続等も含めて周知していく予定である。

https://www.env.go.jp/press/105960.html

資料1 ゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理及び 取扱方針 …PDFsearch.e-gov.go.jp › PcmFileDownload

 

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

卒論

厚生労働省と文部科学省

平成16年7月23日総合科学技術会議で「ヒト胚の取り扱いに関する基本的考え方」を平成28年4月22日に「ヒト受精胚へのゲノム編集技術を用いる研究について」を平成29年5月19日に生命倫理専門調査会で「今後の検討方針」を取りまとめた。これらを踏まえ、生命倫理専門調査会は「「ヒト胚の取り扱いに関する基本的考え方」と見直し等に関するタスクフォース」を設置した。同タスクフォースで平成29年12月に第一次報告をまとめ、それに準じて行ったパプリックコメントを踏まえ、平成30年3月に「「ヒト胚の取り扱いに関する基本的考え方」見直し等に係る報告~生殖補助医療研究を目的とするゲノム編集技術等の利用について~」が総合科学技術・イノベーション会議で取りまとめられた。この報告では、「生殖補助医療研究」を目的としたヒト受精胚へのゲノム編集技術等を用いる基礎的研究において、使用しうるヒト受精胚は生殖補助医療の際に生じる余剰胚のみとした。また、倫理面・安全面での課題があるため、ゲノム編集技術等を用いた、ヒト受精胚をヒト又は動物の胎内への移植は容認できないと結論づけた。

「「ヒト胚の取扱いに関する基本的考え方」見直し等に係る報告~生殖補助医療研究を目的とするゲノム編集技術等の利用について~」がとりまとめられたことを踏まえ、将来の生殖補助医療に資する可能性がある「生殖補助医療研究」を目的とした「余剰胚」へのゲノム編集技術等を用いる基礎的研究に係る「指針」の策定を行う。そのため、「ヒト受精胚へのゲノム編集技術等を用いる研究に関する合同会議」(第1回)平成30年5月30日(第4回)平成30年9月28日(金) に行われた。

合同会議:厚生科学審議会科学技術部会と文部科学省科学技術・学術審議会生命倫理・安全部

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000208566.pdf

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu1/kaisai/1409304.htm

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

広がりを続けるeスポーツ

東京ゲームショーが20日、千葉氏の幕張メッセにて行われた。その中で、オランダと日本チームによるサッカーゲームでの国際親善試合を行うなど、ゲーム対戦競技「eスポーツ」の普及を前面に押し出した。また、同所にて行われたeスポーツにおける基礎公演にて、日本eスポーツ連合会長の岡村秀樹会長は、中学校の部活などにeスポーツが採用されるよう教育機関にも働きかけるという方針を示した。eスポーツ大会の様子は親和性が高い動画配信サービスで行われるのが一般になっており、日本での視聴時間と視聴者数はともにこの一年で大きく伸びているというが、国をまたぐ試合が多いために各国の放送局との調和が課題となっている。

9.21.日経産業新聞 3ページ

29889CB1-E987-42F9-811C-6F96715F5663

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

光を利用した新たな大容量通信

凸版印刷は電波の干渉を受けず大容量データを送受信できる開発した。採掘場の坑道内や山間部の工事現場などでの利用を見込む。カメラで撮影した映像・音声データを、光の「粒子」の性質を利用して送受信するものだ。また、光通信技術を利用するためにはLEDを受発信する機器につながったカメラを設置する必要があるが、高速大容量な通信が可能であり、4K映像にも対応できるという。ネット配信が可能なため、建築現場のほかに、1時的に大容量の通信が必要となるスポーツや野外の音楽イベントなどでの活用も想定している。

11月5日 日経産業新聞 10ページ

407C7C04-B431-4019-ACA8-58940E7DB515

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ