サントリー、生産追いつかず一部ウイスキー販売休止

5月15日、サントリーホールディングス傘下の蒸留酒部門サントリースピリッツが、国産ウイスキーの主力製品である「白州12年」と「響17年」を販売休止すると発表した。ハイボール人気や海外での販売拡大で、原酒が大幅に不足していることが原因としており、販売再開時期は未定である。サントリーは原酒不足を解消するため、設備投資を拡大し、山梨県と滋賀県で約180億円をかけて、原酒の樽用の貯蔵庫を増設した。

(「毎日新聞」2018年5月16日水曜日7面)

120186DF-9813-415E-9542-4E1357BC65A5

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

新入社員、配属先に配慮、売り手市場影響か?

IMG_20180516_134322

日経2018/5/11 夕刊4面

 新卒社員が職場に配属される時期。慣れない新生活に緊張を強いられているのは新入社員だけではない。せっかく採用した”金の卵”に逃げられてはたまらないと、企業側も気を使う。新卒採用は超売り手市場だ。優秀な若者は引く手あまただけに、企業は離職防止、内定辞退防止に知恵を絞る。就活生としては、注目していく必要があるだろう。

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

ZTE、中国同業他社へスマホ事業売却予定

IMG_20180516_134239

 

 

日経 朝刊 5/10 9面

半導体などスマホの主要部品をクアルコムなど米企業に頼るZTEは米商務省の制裁により、スマホの生産ができない状態に追い込まれた。その為、
中国国有の通信機器大手、ZTEがスマホ事業の売却を検討している。売却先には華為技術(ファーウェイ)やOPPO、小米(シャオミ)など中国の有力スマホメーカーが候補のようだ。今回のスマホ事業の売却は、政府の関係部門が推し進めているという。

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

電子財布で報酬を管理・決済

三菱UFJフィナンシャルグループとクラウドワークスは14日、フリーランスや個人事業主の報酬をウォレット(電子財布)で管理・決済する新会社、クラウドマネーを設立すると発表した。働き方が多様化する中で、柔軟な金融サービスの提供を目指す。まずクラウドワークスを通じて働く人が、報酬を電子財布にプールして決済や送金に利用できるようにする。将来的にはクラウドワークスの利用者以外も使えるようにする方針。振込手数料負担が軽減されるなどのメリットがあるとし、他のシェアリングエコノミーサービスとの連携も目指す。

日本経済新聞 5月15日朝刊 7面

DSC_0501

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

NTT、14年ぶりに最高益を更新

NTTが11日発表した18年3月期の連結決算は営業利益が前期比7%増の1兆6428億となり、14年ぶりに過去最高を更新した。NTTドコモが稼ぎ頭の状況は以前と変わってないが、子会社のNTTデータやNTTコミュニケーションズのクラウドサービスなど、携帯通信以外で稼ぐ柱が育ってきており、鵜浦博夫社長は時代の変化に合った形でビジネス構造を変えてきた成果が出たと語っている。しかし、課題もある。前期は連結の営業利益率が14%だったのに対し、海外事業は5%にとどまっている。今後は海外事業な採算改善が焦点だ。
(日本経済新聞5/12 15面)12338898D2-16D7-49D9-A404-28B832A3C142

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

セブンの新戦略

セブンイレブンジャパンは10日、店舗で販売する商品をスマホから注文出来るサービス戦略を発表した。注文から最短2時間で自宅たど指定した場所で受け取ることが出来る。配送は17年に業務提携したセイノホールティングス子会社が手掛け、ドライバーは近隣に住む女性などを採用する予定で全国展開も問題ないという。19年8月までに北海道市内の全約1000店舗で展開し、同年9月以降に順次、全国2万点超に拡大する計画だ。(日本経済新聞5/11 13面)

8B06DB69-6CA5-430A-97C5-0E796E3F9C09

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

ミクシィ、「モンスト」依存脱却へ

ミクシィは10日に2018年から3~5年かけて合計で1000億円投資する事を発表した。ミクシィは売上の約9割をスマホゲームアプリ「モンスターストライク」が占めているため、「モンスト」依存を脱却する考えだ。過去にミクシィはチケット二次流通サイト「チケットキャンプ」を運営するフンザを2015年に買収したものの今月末でサービス終了する。この巨額投資で今度こそ「モンスト」依存脱却なるのか、ミクシィの今後を注目する人は多い。

(2018/05/11 日本経済新聞 朝刊 11面)

P_20180516_105613_vHDR_Auto

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

中古iPhone、販売量拡大

格安スマホ各社が米アップル社のiPhoneの中古品販売を増やす見通しが出ている。au、NTTドコモ、ソフトバンクの携帯電話販売大手3社は下取り済みのスマホを海外の業者に転売しているため中古スマホの販売量は全体の1割未満と少ない。この流通量の少なさの原因が大手3社にあると総務省が判断した場合、これら3社に対し業務改善命令を出す事を決めた。海外への転売が減少する事でiPhone含む中古スマホの売上が増え、これらを主に取り扱う格安スマホ会社のシェアが増える見通しだ。

(2018/05/15 日本経済新聞 朝刊 13面)

P_20180516_102115_vHDR_Auto

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

お手軽AI 普及に弾み

人工知能を活用した専門サービスが中小企業の間で広がっている。サービスはスタートアップ企業が主に提供しており、経営診断や与信管理など煩雑な手続きを効率化する。既存サービスより価格が5分の1になるなど、「お手軽AI」が中小企業の経営に役立ち始めている。「お手軽AI」の背景には、クラウドサービスの普及がある。IT大手が開発した中核技術をベースに、スタートアップが個別業務に特化したサービスを割安に提供しやすくなった。最近は地銀がスタートアップのサービスを活用する事例も増え、普及に弾みがつきそうだ。

KIMG1255

日本経済新聞 5月14日 7面

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

機械式駐車場 点検強化へ

国土交通省は機械式駐車場の管理者向けに、設備の点検項目をリスト化した維持管理の指針案をまとめた。交通省によると、機械式駐車場では、17年3月までの10年間に少なくとも36件の死亡・重傷事故が発生した。これを踏まえ、人の侵入を感知する装置や警報の点検強化を求める。200項目及ぶチェックリストの導入で故障や不備を見つけやすくする。機会駐車場は設置台数が増加する一方、設置後の点検方法を具体的に示した規定はないため、点検の項目や頻度は業者によって違い、精度にばらつきがあった。そこで指針案のリストを導入することで点検が適正な水準に達しているかを判断するはたらきになるとみている。
(2018/5/16 日本経済新聞 34面)

IMG_2786

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ