作成者別アーカイブ: 亀井 海門

『卒論』 亀井

卒論 ゲノム

カテゴリー: 新聞要約 | 2件のコメント

卒論

環境庁 近年、ゲノム上の狙った部位に変異を誘導することが可能なゲノム編集技術の様々な生物種における利用が進展している。これらの新しい技術の利用により、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(以下「カルタヘナ法」という。)」に規定される「遺伝子組換え生物等」に該当しない生物も作出される可能性がある。これを受け、平成30年7月11日に「中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等 専門委員会」が開催された。そして、平成8月30日の「カルタヘナ法におけるゲノム編集技術 等検討会」でゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理及び取扱方針について取りまとめられた。 ゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理及び              取扱方針について(案) 平成 30 年7月11日に開催された「中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等 専門委員会」における議論を受け、8月30日に「カルタヘナ法におけるゲノム編集技術 等検討会」において、ゲノム編集技術の利用により得ら れた生物について「カルタヘナ法」に照らし た整理を行った。これにより、カルタヘナ法で規定された「遺伝子組換え生物等」 に該当しない生物が作出され得るとした。また、カルタヘナ法の対象外となった生 物の取扱いについても検討を行った。 対象外となった生物の取り扱いについて 拡散防止措置を施した施設 主務大臣の属する官庁(以下、主務官庁)に情報提供しなくても良い。 拡散防止措置を施した施設以外  て使用する。 当該生物の使用前に、生物多様性影響に係る 考察等について、主務官庁に情報提供を行う。 取りまとめられた結果については、今後パブリックコメントを経て、本年度中を目途に中央環境審議会自然環境部会に報告されるとともに、環境省から関係省庁等へ、関係省庁から関係団体等へ情報提供の具体的な手続等も含めて周知していく予定である。 https://www.env.go.jp/press/105960.html 資料1 ゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理及び 取扱方針 …PDFsearch.e-gov.go.jp › PcmFileDownload  

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

卒論

厚生労働省と文部科学省 平成16年7月23日総合科学技術会議で「ヒト胚の取り扱いに関する基本的考え方」を平成28年4月22日に「ヒト受精胚へのゲノム編集技術を用いる研究について」を平成29年5月19日に生命倫理専門調査会で「今後の検討方針」を取りまとめた。これらを踏まえ、生命倫理専門調査会は「「ヒト胚の取り扱いに関する基本的考え方」と見直し等に関するタスクフォース」を設置した。同タスクフォースで平成29年12月に第一次報告をまとめ、それに準じて行ったパプリックコメントを踏まえ、平成30年3月に「「ヒト胚の取り扱いに関する基本的考え方」見直し等に係る報告~生殖補助医療研究を目的とするゲノム編集技術等の利用について~」が総合科学技術・イノベーション会議で取りまとめられた。この報告では、「生殖補助医療研究」を目的としたヒト受精胚へのゲノム編集技術等を用いる基礎的研究において、使用しうるヒト受精胚は生殖補助医療の際に生じる余剰胚のみとした。また、倫理面・安全面での課題があるため、ゲノム編集技術等を用いた、ヒト受精胚をヒト又は動物の胎内への移植は容認できないと結論づけた。 「「ヒト胚の取扱いに関する基本的考え方」見直し等に係る報告~生殖補助医療研究を目的とするゲノム編集技術等の利用について~」がとりまとめられたことを踏まえ、将来の生殖補助医療に資する可能性がある「生殖補助医療研究」を目的とした「余剰胚」へのゲノム編集技術等を用いる基礎的研究に係る「指針」の策定を行う。そのため、「ヒト受精胚へのゲノム編集技術等を用いる研究に関する合同会議」(第1回)平成30年5月30日(第4回)平成30年9月28日(金) に行われた。 合同会議:厚生科学審議会科学技術部会と文部科学省科学技術・学術審議会生命倫理・安全部 https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000208566.pdf http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu1/kaisai/1409304.htm

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

卒論 資料2

厚生労働省の対応 遺伝子を効率よく改変するゲノム編集技術をつかった食品の規制のあり方について厚生労働省は9月19日、薬事・食品衛生審議会の遺伝子組み替え食品等調査会で議論を始めた。ゲノム編集による生物は、環境省が外来遺伝子を組み入れる場合は規制するとの結論をまとめている。厚生労働省もこの考え方を踏まえて、来年3月末までに結論を出す方針だ。 また医療分野では、文部科学省と厚労省が、ヒトの受精卵での遺伝子編集について、基礎研究に限って2019年春にも解禁する方針を決めました。同じ医療分野で遺伝子治療でのゲノム編集については扱いを検討中で、結論が出るまで時間がかかりそうだ。

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

卒論 資料1

ゲノム編集された動植物に対する環境省の対応 遺伝情報を変える手法として遺伝子組み替えがあるが、これは、法令で規制されている。一方、外部の遺伝子を含まないゲノム編集は遺伝子組み替えの定義に含まれない。したがって、ゲノム編集により法令の規制外の食品が作れることが課題であった。これに対し、環境省は8月、ゲノム編集を使った外部の遺伝子が残っていない動植物をカルタヘナ法の規制対象外とする方針を示した。だが、こうした生物を屋外で栽培、飼育する際、改変した遺伝子や在来種への影響といった情報を事前に提供してもらう方針だ。 中央環境審議会の専門委員会は8月30日、動植物の遺伝子を狙い通りに改変できるゲノム編集について、別の種の遺伝子を外部から組み込まない場合は規制しない方針を了承した。遺伝子組み替え生物と違い、生態系に影響を及ぼすリスクが少ないと判断したためである。環境省は近くパブリックコメントを実施した上で、今秋にも取り扱い方針を策定する。 遺伝子の一部を壊したり、切断したりする改変は通常の自然界でも起こりうるとして規制の対象外としたが、ゲノム編集による改変は実例が少なく安全性の懸念が残るため、同省への届け出を求める。 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO34790170Q8A830C1CR8000?s=3

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

卒論 アウトライン

1.参考書籍とメモ 「ゲノム編集の衝撃」NHK取材班  NHK出版 ゲノム編集についての事例がある 「合成生物学の衝撃」 須田桃子著  文藝春秋 合成生物学の説明とそれがもたらす影響について 「ゲノム編集を問う」石井哲也著 岩波新書 遺伝子操作が医療、農業などの部門に与える影響を分析 「ゲノム解析は私の世界をどう変えるか」 高橋祥子著  ディスカヴァリー・トゥエンティワン 新技術と社会の成長スピードの差があることを踏まえ議論すべき 「DNAの98%は謎」小林武彦著 講談社 非コードDNAの性質と役割について 「クリスパーキャス究極の遺伝子技術」ジェニファーダウドナ著  文藝春秋 開発者は新技術に期待をもちつつもリスクを考慮すべきである 「ゲノム編集とは何か」小林雅一著  講談社現代新書 ゲノム編集の歴史と未来 2.ブレスト テーマ「遺伝子操作技術」 キーワード ゲノム編集、遺伝子組み替え、ヒトゲノム、AI、様々な分野への応用、新技術と社会との乖離、制度、クリスパー、非コードDNA、ノックアウトマウス、倫理問題、遺伝子検査、合成生物学、大腸菌、ゲノムビジネス、軍事利用、シーケンス、遺伝子ドライブ、特許問題、ノーベル賞、iPS細胞 3.思いつき 遺伝子操作には、倫理的嫌悪感があるが、今までもなんだかんだで新技術が受け入れられてきた。したがって、それほど危惧することなのか。 世界で遺伝子操作への危惧から規制がされているが統一的な制度は未だ確立されていない。この現状が続くと規制が緩い国に企業が流れる可能性。 ゲノムビジネスが盛んに行われるようになっており、それに関連したスタートアップ企業も登場してきている。ゲノム編集を使用することの容易さと汎用性から一大ビジネスに。 4.言いたいこと ①遺伝子組み替えとゲノム編集の違いを比較し、現在存在する社会問題を解決できる技術としてゲノム編集を紹介する。また、今後どのようにゲノム編集と付き合っていくべきかを考察する。  

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

書評 ゲノム編集の衝撃

本書は、ゲノム編集について事例を交えながら、社会にどれだけ影響を与えるのかを述べたものである。以下の6章から構成されてれている。 第1章「生物の改変が始まった」では、近畿大学で行われたマダイの実験例を挙げ、ゲノム編集の有効性を示している。第2章「ゲノム編集、そのメカニズム」では、ゲノム編集と遺伝子組み替え技術の違いを述べている。第3章「起爆剤、クリスパー・キャス9」4章「加速するゲノム品種改良」では、牛やジャガイモなどの例を挙げながら、ゲノム編集によって新たなビジネスが生まれる可能性を示唆している。第5章「難病はゲノムから直せ」では、ゲノム編集を人へ応用した事例について紹介しており、第6章「希望と不安のはざまで」では、ゲノム編集の有効性を認めつつも、様々な問題を抱えていることに言及している。 ゲノム編集についていくつかの事例を学びたいと思い本書を選んだ。ゲノム編集を行った企業の名前やビジネスが書かれていたため、具体的なイメージを得るために役立った一冊であった。 著者NHK取材班  NHK出版

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

書評 合成生物学の衝撃

本書は、一章では合成生物学の説明、二章、三章では合成生物学でどのような技術が使われているのかを述べ、四章から七章に渡り合成生物学が軍事利用される可能性を示唆し、八章では倫理観に基づく不安、九章では人工の生命体であるミニマム・セルの作成の成功とそれに対する期待と不安を述べ帰結している。合成生物学とは、生物システムを理解するために、生物を一から作ることで理解し、生物学を工学化することを目的とする学問である。そのために、クリスパーと呼ばれるゲノム編集技術を用いて、生き物が生存する最小単位であるミニマム・セルを作る必要がある。この合成生物学を用いれば、マラリアやジカ熱蔓延の原因を解決できるなど医療でも役に立つ。しかし、それだけでなく生物兵器の製造も可能になり、軍事利用される可能性もある。実際、ソ連時代に生物兵器が研究された歴史がある。また、当然として倫理的な問題も存在する。このような懸念がされる中、ある科学者がミニマム・セルの作成に成功した。この技術が適切な目的のもと使用されるよう、社会全体で議論を交わしていく必要があると論じている。 本書で、新技術には二面性があることを改めて認識することができ、これに注意しながら新技術を分析することが大事であることを学んだ。また、ひとつの技術としてクリスパーを今まで学んできたが、学問と関わりがあったことを知り、知識の厚みにつながる一冊であった。これから論文を作成するにあたり、文章構成などとても参考になった。 合成生物学の衝撃 須田桃子著 文藝春秋  

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

卒論テーマ

人口増加による食糧不足や治療困難な病気に悩む患者を助けるのに効果的とされる技術としてゲノム編集が期待されている。一方で、倫理的問題や知識不足などにより社会はゲノム編集に対して不安感を抱いている。この不安感がどのようなことから生じているのかをゲノム編集の持つメリットと見比べながら明らかにする。さらに、不安感を解消するために、社会や政府がどのような対応を取るべきかを論じていきたい。

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

書評 「DNAの98%は謎」

本書では、今までゴミであると思われてきた、DNA上で98%を占める非コードDNAと呼ばれる領域に焦点を当てている。そしてこの非コードDNAがどのような特徴を持ち、それがどんな役割を果たしているのかを論じている。 DNAの98%を占めている非コードDNAとは遺伝子の情報を持たない領域のことである。そして特徴として、同じ塩基配列を繰り返す、長い、ゲノムを不安定化させるなどが挙げられる。これらのことから、今まで重要ではないと考えられてきた。 しかし、非コードDNAの研究の結果この領域は進化、寿命、ガンの予防、遺伝子の防衛などに関わっていることがわかった。これらは、非コードDNAの持つ、一見無意味であると思われてきた特徴によって生み出されている。例えば、非コードDNAが持つ長いという特徴は外からの刺激や異物混入による遺伝子への攻撃を防ぐということに役立っている。このように非コードDNAについて多くのことが解明されてきたが、未だに解明できていない特徴が存在する。そこでゲノム編集技術を利用し、非コードDNAの役割が解明されることが今後期待される。 今まで人間は様々な生き物の特徴を技術に生かしたが、人間自身のことを知ることでも創薬などの技術を発展させることができるということを学んだ。また、特定の遺伝子を狙って操作できるゲノム編集の凄さを再確認した一冊であった。 2017/10 小林武彦著 講談社

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ