作成者別アーカイブ: 宮本 薫兵

ぴあ株急落、5%安

25日の東京株式市場ではぴあ株が急落した。25日昼、受託運営したサイトへのサイバー攻撃により、利用客の個人情報が流出したと発表した。今後のサイト利用現象や収益への影響を懸念した売りが広がった。流出した個人情報には約3万2000件のクレジットカード情報が含まれ、不正使用の被害も出ている。被害に遭った顧客がカードを発行する場合、ぴあが手数料を負担する。 4/26 日本経済新聞

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

米マクドナルド、日本事業の株式売却「現時点ではしない」

米マクドナルド幹部は25日、検討していた日本マクドナルドの一部株式売却を「現時点ではしないことを決めた」と明らかにした。2017年1~3月期の決算会見でケビン・オザン最高財務責任者(CFO)が日本事業は好調で「力強さを維持していくと信じている」と説明。「日本のビジネスで我々の成長戦略と実行能力に自信を持っている」と述べ、当面は株式の保有を続ける考えを示した。 4/26 日本経済新聞

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

資生堂、海外で高級化粧品

資生堂は高級化粧品ブランドの品揃えを増やす。昨年に生産販売権を得たドルチェ&ガッバーナブランドで2018年以降独自開発の香水を世界で販売することを明らかにした。 資生堂はスキンケア商品では高い競争力を持つが、高級品の主力市場である欧米は香水やメーキャップが中心。このため近年高級化粧品のラインナップを強化しており、D&Gと昨年買収したLMの2ブランドをグローバル展開の新たな柱に育てる計画だ。

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

ファミマが店長・店長研修

ファミリーマートはコンビニエンスストア加盟店の全約1万8千店を対象に店長や店員の研修に乗り出す。19日に新しい研修制度を始め、座学形式で店舗運営や実技を教えるほか、研修担当者が各地域の店舗を巡回し店員を教育する。コンビニ業界では加盟店が自ら店員の採用や教育を行うのが一般的だが、人材不足感の強まりを受け加盟店を最優先に人材定着への支援を強める。

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

豪、就労ビザ発給厳しく

オーストラリア政府は18日、外国企業の駐在員らに適用する就労ビザを廃止し、発給条件を厳しくした新たなビザの導入を発表し、即日実施した。外国人労働者の入国を抑え、国内雇用の確保を狙う。同日、記者会見したターンブル首相は、トランプ大統領の自国優先主義に似た「オーストラリアファースト」の方針を打ち出した。最大の狙いは外国人の入国管理の強化だ。豪政府は国内の賃金水準に見合う給与を得ているかを厳密に調べ安い労働力の流入を防ぐ構えだ。

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ