作成者別アーカイブ: 亀井 海門

偶然の重要人物

筆者らは少数者の法則がもつ2つの仮説を検証するために、インフルエンサーの仮定をはっきりさせる必要があった。そこで、筆者らはグラノヴェッターの暴動モデルとバス・モデルを考察することでインフルエンサーの効果についての結論を明らかにした。 結論は、インフルエンサーは存在するのかもしれないが、少数者の法則が示唆するインフルエンサーの重要性よりもずっと低いということである。理由は影響がなんらかの感染過程によって広まるとき、結果は個人の特性よりもネットワーク全体の構造にずっと大きく左右されるからである。つまり、エネルギーや人脈によって製品をヒットさせたりできるほどの影響力のある人物はタイミングと状況の偶然によって生まれるということである。いわば、「偶然の重要人物」である。

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

カジノ マイナンバーで制限

カジノなど統合型リゾート(IR)設置に向け、政府が検討するカジノ施設への入場制限案が19日、判明した。内容は、ギャンブル依存症を防止するため、入場時、日本人利用客らにはマイナンバーカードの提示を義務付けて入場回数を制限するほか、IR区域以外でのカジノ広告を禁止することなどである。政府は今後、具体的な制度設計を盛り込んだIR実施法案をまとめ、秋の臨時国会にも提出したい考えである。 読売新聞 6/20

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

小池知事 豊洲移転を正式発表 築地復活も視野に

東京都の豊洲市場への移転問題で、小池百合子知事は20日、緊急記者会見を開き、豊洲に市場機能を移転させた上で、築地市場にも市場機能を残して再開発することを表明した。将来的に築地に市場を戻すことを視野に検討する方針である。会見で「築地市場の価値は都の莫大な資産。築地ブランドを維持、活用すべきだ」などと理由を説明した。 毎日新聞 6/21

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

認知症の人 茶葉の摘み手に

宇治市認知症アクションアライアンス事務局は2015年から、当事者や家族と茶園の間を仲介し、新茶の季節に認知症の人がボランティアとともに摘み手として働く取り組みを始めている。少子高齢化に伴う茶葉の摘み手不足を補うとともに、認知症の人の就労につなげるのが目的である。 現在は参加者の多くが65歳以上だが、若年性認知症のために離職せざるを得なくなった人たちの受け入れも目指している。 毎日新聞 6/13

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

「PS4」 6000万台突破 VRソフト拡充

ソニー・インタラクティブエンターテインメント(SIE)は12日、家庭用ゲーム機「プレーステーション(PS)4」の累計実売台数が6040万台に達したと発表した。PS4は発表から約3年半経過する中、売れ行きは好調を維持している。人気ソフトや、VR対応ソフトを拡充し、販売ペースが緩むのを抑えている。競合他社の任天堂が今年3月に「Nintendo Switch」を発売し、米マイクロソフトも11月に映像表現力を高めた「Xbox 」の新機種を発売する。競合が激しさをます中SIEはソフトの拡充で対抗する。 日本経済新聞 6/14

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

福井県もんじゅ廃炉容認

政府が廃炉を決めた高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、福井県の西川一誠知事は7日、首相官邸で開かれた「もんじゅ関連協議会」で、「廃止措置への移行はやむを得ない」と述べ、容認する意向を政府に伝えた。福井県が求めていた使用済み核燃料など放射性廃棄物の県外搬出を政府が確約し、県側も廃炉を受け入れた。政府は協議会で、廃炉作業開始から5年半で核燃料を炉心から取り出し、30年で廃炉を完了することなどを示した。

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

「チバニアン」商標登録されていた

約77万年前に地球のN極とS極が最後に逆転した痕跡がわかる千葉県市原市田淵の地層が示す時代について、日本の研究チームが近く国際学会に申請する名称「チバニアン」が、第三者の出願ですでに商標登録されていたことがわかった。研究チームの関係者は「申請に影響はないが、出版物を出す際などに問題になる可能性がある」と懸念を示す。特許情報プラットフォームによると、昨年8月25日付で市川市内の男性名で商標出願され、今年3月3日付で登録。商品区分はキーホルダーや印刷物、おもちゃなどとなっている。 朝日新聞6/5

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

介護施設にロボット 自立に貢献

人とコミュニケーションを取る動物や子どもの姿をした17種のロボットを使い、全国にある介護施設の高齢者を対象に初めて大規模調査し、有効性を確認したと、日本医療研究開発機構の研究チームが30日、発表した。調査の結果、ほとんど寝ていた人がロボットの声かけで歩くようになるなど、34%の人の生活動作で、自立度が向上したという。触ると鳴く猫型ロボットのケースでは、高齢者が抱き運ぶことで周囲の人との会話が増え、高齢者が活動的になるなどした。 毎日新聞 5/30

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

小池新党 自宅も喫煙制限検討

東京都議選に向け、小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」は25日、「子供を受動喫煙から守る条例」制定を公約にすると発表した。子供がいる自宅や自家用車内での喫煙制限を検討しているという。公共施設などの受動喫煙防止条例は4党(自民・公明・民進・共産)が公約に入れ横並び状態のため、既に条例化を公約に入れていた同会は「極めて厳しい案を提案する」として差別化できる内容を考えていた。ただこの条例は、私的な空間での行動を制限しかねず、他党から疑問視する声も出ている。 朝日新聞 5/25

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ

環境省星空見やすさ 統一指標作成へ

環境省は近く、屋外照明など人工の光が夜空を照らすことで生じる「光害」を減らす目的で、同一条件で撮影したカメラの画像を使って「星空の見やすさ」をランク分けする、全国統一の指標作りを始める。各地の夜空がどの程度暗く保たれてるかを客観的な指標で評価し、自治体の光害対策などに役立てる狙いがある。 環境省大気生活環境室の担当者は「各自治体が光害対策に取り組むきっかけになれば。星空の美しさを観光の売りにしている自治体は客観的なPR材料として役立ててほしい」と話す。 毎日新聞5/22

カテゴリー: 新聞要約 | コメントをどうぞ